矛盾少年の漫映遊記

思ったことをメモ帳代わりにチョコチョコ書いていきたいな~、なんて思ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『STTEL BALL RUN』10巻 感想

そういえばまだ先月のジョジョ感想書いてないな・・・。

・帯
「最悪の握手!!」って書いてあるけど、これじゃDioと大統領が
ホントに握手したみたいじゃないか!
映画は来年の2月公開だそうで。スピードワゴンが出ないので見に行くかは微妙。

・表紙
ジョジョでは珍しい?キャラ一人のアップ。ジョニィ格好良い!!
上の方にはモーヴェレ・クルースと音の染み込んだ恐竜が。

・作者コメント
水着ガールのカレンダーの話から入って、結局言いたいのは「一年は早いな」ということらしい。
さ、さすが荒木先生・・・。あと著者近影の写真がぼやけてない?

・#40
UJのときからタイトル変更。スタンド名バラしちゃってるよ!
本編の方はヒガシカタノリスケがまさかのジジイだったり、遺体の場所が一気に3つもわかったり、
ルーシーに死亡フラグが立ったり、Dioと大統領が(表向きに)手を組んだりと、これからに向けての驚きの多い回でした。
シルエットのスタンド使い、改めて見るとたしかに○○○○○っぽい。(一応伏字)

この回で一番好きな台詞

ジャイロ
「おまえさん自分たちを国外に逃がせと言ったな?
仮に逃げたあとどうするつもりだ?
北極の穴ぐらで夫と仲よくオーロラ見ながらいつまでも暮らすのか?
知り合いもいねえどこかの砂漠で追っ手におびえながら
毎日朝日を拝むというのか?
誓いを立てて結婚したなら夫のために守り続けろォーーーーーー!」



・#41
この回の見所はなんと言っても「チーズの歌」。本誌で読んだ時笑っちゃったよ。
他にもドット・ハーンがまさかの使い捨てで死亡したり、ジョニィがヘタレ丸出しだったり。
ドット・ハーンは荒木先生が使いどころに困ったからサプライズのために殺したんだろうか?

この回で一番好きな台詞

「チーズの歌」のくだり全て。



・#42
感想は本誌の時に書いたのでこっちに
しかし同じジョナサンなのに、ジョージとジョニィの父はここまで違うのだろう?
あとLESSONがちゃんと4になってたね。

この回で一番好きな台詞

ジョニィの父
「いいかジョナサン。
食事中に限らず『マナー』というのは相手に対する敬意が含まれる。
英国人は特に『テーブルマナー』を重んずる。
おまえは我が家がアメリカの田舎者と軽くあつかわれてもいいのか?」



・描き下ろし
あまりおまけが無いジョジョには珍しい13Pのおまけ。(ほとんどは今までの再利用だけど)
内容はSBRでは4巻からその名称が出てきたスタンドの再定義。
今更スタンドの再定義とは10巻という大台に入りSBRも中盤に入ったから、
ここらで再確認という所だろうか?

・総合
内容的には中盤に入り、展開は少々繋ぎという印象を受けた。
その分11巻はサイレント・ウェイの正体、ジョニィ覚醒と怒涛の展開になりそう。
ちょうど今出てるウルジャンが今巻からの続きなので、これを機にウルジャンの方も追うのもいいかも?

スティール・ボール・ラン 10 (10) スティール・ボール・ラン 10 (10)
荒木 飛呂彦 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:ジョジョの奇妙な冒険 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mujunsyonenmag.blog74.fc2.com/tb.php/64-59282d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。