矛盾少年の漫映遊記

思ったことをメモ帳代わりにチョコチョコ書いていきたいな~、なんて思ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぬかみっ!第25話「絶望の宴っ!」 感想

感想に入る前にいぬかみっ!劇場版化についてコメントを。

正直「え~?」ってなりましたね。だっていぬかみですよ?あれですかね、シャナと二本立てにするんですかね?
そもそもいぬかみって劇場化するほど人気なんですか?売れてるっていう話はまったく聞かないんですけど・・・。
まあ、ストーリーが変態さんメインだったら見に行きますよ。あの変態には力を入れるスタッフが作るのなら、エヴァの映画の冒頭の○○○○○○○○○を超えると信じて。
それでは感想を。

ラスボスは赤道斎ではなく邪星に。いいじゃん赤道斎のままで・・・。もっと象チラが見たかったのに・・・。

サブタイ画面は黒地に白文字と空気を読んでくれた。
薫が死ぬ前に色々喋りすぎと言うベタなことやってた。啓太に憧れていたというのは原作の方がしっかり書かれて良かったのに時間の都合かなんかテキトーに。
それで「よくも薫様を!」展開になり、邪星に突撃するがもちろん返り討ち。デカイ剣を背中に刺されてそのまま死んでいれば好感度上がったのに生きててスゲー萎えた。てかごきょうやとフラノは死んでなきゃおかしいだろ!
そして待望のなでしこ覚醒だが・・・う~ん、ビミョー。普通にドラゴンボールじゃん。もうちょっと迫力というか怖さが欲しかった。原作では敵はクサンチッペなので「痛みを感じるの?人形の癖に」というセリフがあったのだが、アニメでは邪星なので当然削られていたのが、そこがちょっと残念だった。
それでもまあまあ頑張った方かも。マウントポジションとって殴りながら鉄塔が壊れていくのは笑えた。
しかしなでしこも力を封じられ、ようこでもまったく歯が立たないし、赤ちゃん啓太は下水に流され絶体絶命!という所で終了。そして相変わらず空気を読まないED。タイトルは空気を読んだのに!

今回は微妙な出来だったが、しかしコレも最終回に力を入れたからと思えば・・・!
次回予告を見たところ、最終回はヘンタイパラダイスになりそうだし、これは最終回のEDは男版友情物語で期待できそう・・・かも?
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mujunsyonenmag.blog74.fc2.com/tb.php/20-80f0977b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) いぬかみっ! 第25話 「絶望の宴っ!」

赤道斎により薫の貫かれた胸・・・「これがお前の絶望か!!」勝ち誇ったような笑みを浮かべる男の放つその声は、もはや赤道斎のものではありませんでした。邪星!!そう、これら全ては赤道斎に憑依した邪星の仕組んだ罠だったのです。絶望し倒れゆく薫を抱きとめるなでしこ

  • 2006/09/21(木) 21:35:40 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。