矛盾少年の漫映遊記

思ったことをメモ帳代わりにチョコチョコ書いていきたいな~、なんて思ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のジョジョ感想

注:買った訳ではなく、立ち読みで読んだので色々うろ覚えだったり、テキトーだったりします。

扉絵のジョニィがカッコイイ!最近の本編ではなんだかヘタレ化していますが、あのVSポークパイハット小僧戦での格好良さをもう一度本編で見たいです。

さて、今月ではスタンドも月までブッ飛ぶ衝撃の事実が明らかになりました。


・なんとジョニィの本名は「ジョナサン・ジョースター」!!!!!
・過去にイギリスに住んでいて、「ダニー」というネズミを飼っていた!!!!
・あのDioがジョースター家に手伝いに来ていた!!!


なんて強引な後付け設定!さすが荒木!俺たちに出来ないことを平然とやってのけるッそこにシビれるあこがれるぅ!
にしてもなんなんですかこの後付けは。そのうち、ホットパンツの本名はエリナとか、ジャイロの親族がいきなり出てきて、名前がウィル・Aとかシーザーだったりしそうです。
ていうか、荒木先生ならやりかねません。そもそも7部自体後付けの山のような物ですし。

それでは本編の話に戻りましょう。
今回は主にジョニィの葛藤みたいなのを描いていましたね。ジョニィの過去話をメインにして。
可愛がってたネズミのダニーを始末しろという父。手段に水死を選んだのは1部のダニーは燃えて死んだからその逆にしようとしたんでしょうか。結構安易な発想です。
しかしそんなことは出来ないジョニィ君。兄のニコラスの手伝うということで、ダニーは森に逃がすことに。
しかしある日、天才騎手でもあった兄は落馬事故で死亡。しかも原因はダニーと同じ白いネズミ。
自分が森に逃がしたから・・・、とジョニィ君は自分のせいで兄が死んだと思い込みました。

それから数年後。ジョニィ自身もジャーキーとして有名になりましたが、父はジョニィを認めず、ニコラスを靴を使うなとかDioに勝たなければ優勝とはいわないとか。
そんなことをいわれたジョニィはブチ切れて父親をガラスの戸棚に突き飛ばします。まるでDQNです。
ガラスの戸棚にぶつかりガラスが首に刺さりながら父親はトドメの一言を放ちます。「神よ、貴方は連れて行く人を間違えた」と。わかりやすくいうと「ニコラスじゃなくジョニィが死ねばよかったのに!」です。
そして父親からは勘当。一人でやっていこうとして、一時は絶頂にいましたが調子に乗ってしまい、半身不随となってしまったジョニィ。ホント、人生踏んだり蹴ったりですね。

そして回想が終わり、現在的からのスタンド攻撃を受けてるシーンに戻ります。
敵の能力はかなり強力で、文字付き恐竜を爪弾で攻撃してもとび散った肉片に当たるだけでダメージに。
ダメージを食らったジャイロは「ホット・パンツを探せ!」と言いましたが、どこにいるかもわからないし協力するとも限らないんだからゾンビ馬を使えばいいのに・・・。まあ、荒木先生のことですからゾンビ馬なんて忘れているのかもしれませんが。
傷も癒やせず攻撃はさらに激しく。Dioの恐竜が陸だけでなく、空からも来るようになりました。というか能力がいつの間にか進化しています。ティラノ化だけなくプテラノドン化までできるようになりました。 
逃げようにも目の前には川が。そこで2人が泥の中に飛び込むことに。泥の中なら威力が分散されると考えたようですが、敵の能力は想像以上で炎の力を音のように泥にしみこませました。

ああもうダメだ、と弱音発言ばかりのジョニィ。どんどんヘタレ化していってます。
歴代ジョジョの中で一番ヘタレです。(泣)

そんなジョニィを見て、ジャイロはついにブチ切れました。そしていきなり回転のLESSONスタート。4巻のときといい、何でこんな危ない状況の中LESSONとかやってるんでしょう。しかも同じ4巻を見るとわかりますがLESSONは3じゃなくて4です。「たぶん」という予防線を張っていましたが。

そんなこんなで今月は終了。それにしても今月は『敬意』という言葉がやたら出ていましたね。ジョニィの父もジャイロも言っていましたし。あと気になったワードとしては『宿命』
特に『敬意』と言う言葉は7部全体で良く出ている感じがします。フェルディナント博士は大地を敬えと言っていましたし、リンゴォも神聖なる男の決闘に敬意を表してましたし、ブラックモアも大統領とあの方に敬意を払っていました。
『宿命』と言う言葉もジャイロが4巻の回想で自分の仕事が『宿命』だと言ってましたし、荒木先生もSBRは「キャラクターの悲しい部分、生きている、生まれた悲しさという部分を描くのを目標としている」と言っていたそうですし。これぞまさに『宿命』ですよね。
「旅によって、人間はどんな風に成長するか?」というテーマの他にも『敬意』・『宿命』・『誇り』等、様々な言葉が渦巻くSBR。そんなSBRと荒木先生にこれからも期待です。

・次回予想
次回はやっぱりジョニィが脊髄の遺体の力覚醒でしょう。それでどうなるかはわかりませんが予想できるのは
①歩けるようになる
②4~5巻の時のような爪カッターが復活
③回転の力を操れるようになる
まあ荒木先生のことですし、この予想はきっと外れるでしょうね。
そして敵の正体も明かされるでしょう。はたしてヒガシカタノリスケなのか?はたまたまったくの別キャラか?次号が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:ジョジョの奇妙な冒険 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mujunsyonenmag.blog74.fc2.com/tb.php/19-a1de4ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。