矛盾少年の漫映遊記

思ったことをメモ帳代わりにチョコチョコ書いていきたいな~、なんて思ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転裁判についてのボヤキ

某所にうpされてた「追求 ~追いつめないと」を
早速MP3プレイヤーに入れて聞きまくっている今日この頃。

うん。悪くないんだ。むしろかなりイイ曲だと思うんですよ!
ただやはり思い入れというかなんと言うか。
この曲で証人や検事を追い詰めている記憶が無いんですよね‥‥。
パンツ京作くらい?
よく言われているが、なんか4は爽快感があまり無いような‥‥。
それには、証人の数も関係してると思う。
1・2・3に比べて証人の数がミョーに少ないような‥‥。
(気のせいですかね?)

あとは4はダメージがたまにテンポ悪く感じてしまう。
マサカとかバランのダメージは面白いとは思うけど、
どうもテンポ悪く感じてしまいましたし。
それとダイアンのダメージはあまりにも期待ハズレでした。
絶対髪がサメの形になるとか、
ファスナーが上がって首に歯が刺さるとか考えていたのに!
その分、ブレイクはなかなかイイ感じでしたが。
続編では適度に冷や汗・ダメージを食らう倒しがいのある検事に、
テンポよくダメージを受ける証人がたくさん出てきてほしいです。

音楽に話を戻すと、4の曲は「悪くは無いけど‥‥」という感じでした。
なんかループが短めだったりするのが気になったり。
特に「真実は告げる2007」。
イイ曲だとは思うけど、二十数秒ってどうなのよ?

4の音楽は堀山俊彦さんというベテランが担当、という事だったので
やや期待しすぎていたのかもしれないですね。
ちょっとハナシがズレるかもしれないけど、
作曲というのはやはり才能とセンスなんでしょうか?
1の作曲は杉森雅和さんという新人の方で、
逆転裁判が初めてということでしたが、
神曲をいくつも生み出し、その後の逆転裁判の音楽のスタイルを
決定づけるほどだったらしいし。
4の曲はどれもなんかパンチに欠けるような気がしました。
もちろんイイ曲もありましたが。(或真敷のテーマとか)
音楽には“コレが正解”というものがなく、あくまで聴く人しだいなので
とやかく言えるスジアイは無いんでしょうけど。

ああ、やっぱり4のサントラが欲しい。
改めて何度も聴くとまた評価が変わるかもしれないですし。
でも、3150円は自分のサイフにかなりの大打撃になるんですよね‥‥。
6月は漫画版の2巻やら4の攻略本で、
ただでさえ出費が結構多くなるのに。

なんか無駄に長くなったので最後にひとつだけ。
「追求」を聴いていると脳内で「異議あり!」合戦が展開されたり、
証人がダメージを喰らう様子が目に浮かんだり
ムショーに「異議あり!」と叫びたくなるのは自分だけなんだろうか?
 
スポンサーサイト

コメント

「真実は告げる 2007」は1ループ50秒弱のはずですが。

  • 2007/06/28(木) 13:40:58 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mujunsyonenmag.blog74.fc2.com/tb.php/151-8a538d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。