矛盾少年の漫映遊記

思ったことをメモ帳代わりにチョコチョコ書いていきたいな~、なんて思ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダイヤのA』4巻感想

自分の中で『ダイヤのA』がマガジン楽しみ漫画の5本の指に入ったのが
この間に収録されてる話から。
今までの1~3巻は中古で買ったのですが、4巻は新品で買いました。
だってクリス先輩格好良すぎだし!!!
この間のオフ会でも誰かと話したのですが、このマンガはクリス先輩が出てきてから圧倒的に面白くなりました。
と、言うわけで感想もクリス先輩メインで行きたいと思います。

・表紙
絶対沢村&クリス先輩で来るかと思ったのに、まさかの沢村ピン。
まあ、1巻の表紙が主人公ピンで2~3巻の表紙は仲間が出たのに、
4巻で何故かまた主人公ピンに戻るって言うのは良くあることだよね。ドラゴンドライブとか。
帯にはヤクルトの選手絶賛の帯が。こういう帯ってどのくらい効果があるのかな?

・23話
扉絵に一軍メンバーが。本編ではまだまだ掘り下げられてない人物が多いけど、そろそろ掘り下げがあるかな?
ちなみに自分は一軍では伊佐敷純が結構好き。
冒頭ではクリス先輩がちょっとデレ化。いつもと違う髪型にドキドキ。
寝起きがこれだから、いつもの髪型はワックスなんでセットしてんのかな?
本編では沢村が「自分の持ち味はなんだ?」と問われ、見事にコントロールと勘違い。

・24話
クリス先輩、マウンドを降ろされ落ち込む沢村を励まします。
一方降谷も剛速球のしっぺ返しを喰らい、マウンドを降ろされます。
主要人物の2人が打ちのめされる回なのに、あまり暗い感じがしないのはやはり沢村と降谷のキャラ性のおかげかな。

・25話
ついに沢村の持ち味を教えるクリス先輩。もっと早く教えてあげればよかったのに…。やっぱ挫折を体験させたかったのだろうか?
それにしても格好良いぜクリス先輩…!そして完全にデレ化。
そして監督も良い人だ…!

・26話
各地で物凄く評判が良かったこの回。
「試合には出られなくても最後まで一緒に戦いたい」と願う3年。自分の過去の発言を恥じ「認められてこそエース」と理解し一皮剥ける沢村、
丹波とクリス先輩の絆など、改めてこの漫画は良い奴ばっかりだと再確認。

・27話

監督直伝の特訓法とクリス先輩の助言により、成長を見せる沢村。軌道の読めない球って恐いよね…。
そんな沢村を見て葛藤するクリス先輩。

・28話
熱いぜ!熱すぎる!!
監督も良いのだが、やはり3年生陣が良い!
「まさか試合に出てない俺たちに気ィ遣ってんじゃねーだろうな?
だとしたらぶっ飛ばすぞ。」
「お前だってこのチームの一員だろ!胸張って出てくればいーんだよ!!」
「ほら早く行けよ。何にも知らねぇ一年どもにお前のプレイ見せてやれ!!」

君たちどれだけ仲間思いで良い奴なんだよ!!
ここまでいわれて出て行かない奴は男じゃない!というわけでクリス先輩、ついに出陣!

・29話
タイトルページのクリス先輩が格好良すぎる…!
配球を上手く生かしたり、ランナーを目で制したりとクリス先輩の凄さがひしひしと伝わってくるぜ!

・30話
試合に出てると聞き、一斉に試合を見に行く御幸と一軍の皆様。
みんなクリス先輩が大好きなんですね!
2軍の試合に興味無しのもう一人の捕手、宮内。コイツは一時的には沢村と組むことになるのかな?
「後ろから急激に追いかけてくる影、アレは本当恐いから…」この台詞があるように、近いうちに小湊兄弟の確執みたいなものがかかれるかな?
クリス先輩の助言により、沢村の新フォームも徐々に完成に近づいてきました。

・31話
この話のために単行本を買ったといっても過言ではない。
「まだまだ試合はこれからだ!!

しまっていくぞー!!」

クリス先輩ー!アンタどれだけ格好良いんだよー!!!
直後の沢村のツッコミにより、ちょっと赤面するのもポイント高し。
怪我を恐れず、たった一つのアウトを取ることにひたすら貪欲でチームを勝利に導く姿…。
格好良いぜ。
もうクリス先輩になら、抱かれてもいいかもしれない。

・総括
4巻はとにかくクリス先輩フィーバーでした。もちろん他のキャラも良かったよ。沢村は見ていて気持ちがいい。
既に言われていることだけど、強豪校内での部活を上手く描いているよな~。
実はいい奴だった財前登場の5巻は4月に発売予定。袋とじの御幸の過去話は収録されるのかな?結局買いそびれたんで収録してほしいんだが…。
3巻から青道選手図鑑というおまけページも増えたし、これからは新品で買い続けようと思います。
人気も上々のようだし、寺嶋先生にはこれからも頑張って欲しいです。


ダイヤのA 4 (4) ダイヤのA 4 (4)
寺嶋 裕二 (2007/02/16)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mujunsyonenmag.blog74.fc2.com/tb.php/131-3648693f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。