矛盾少年の漫映遊記

思ったことをメモ帳代わりにチョコチョコ書いていきたいな~、なんて思ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を逆転裁判のキャラに例えると

これは4発売前のこと。
なにげなく、逆転裁判好きの友人にこんな事を聞いてみました。

「ねえ、俺って逆転裁判のキャラに例えると誰かな?」

友人はこう答えてくれました。

「今のお前はユーサク君気味だが、基本は矢張。
 ああ、哀牙探偵も捨てがたいな。」



というわけで、当てはまるかどうかちょっと考えてみました。


●矢張政志
自分がヤハリと似ている所といったらやっぱり
イイカゲンでテキトーな所ですね。自分、ほんとイイカゲンでテキトーなんですよ。
他には言ってる事やってる事がワケわかんなかったり、すぐ調子に乗ったりバカだったり‥‥‥‥。
悪気なく他人に迷惑かける所とかもそうですね。うわ~、当てはまる事ばかりです。
さすがに女好き所は違いますが。あと、自分はヤハリみたいに器用じゃないですし。
でもヤハリに似てるといわれても嬉しいような悲しいような‥‥。
ヤハリ自体は割りと好きなキャラですよ。主人公の親友キャラとして。
そ3ではなるほどくんにズイブンぞんざいに扱われていましたけど。


●天杉優作
友人の言葉に“今”ってついてるのは、ムカシはそうじゃ無かったって事ですよ。
自分もここ数年で色々ありましたからね。
ユーサクくんも結構当てはまる所がありますね。
声が聞き取りにくい所とか、優柔不断な所や自信なさげでいつもナヨナヨしてる所。
怒りっぽいトコとかもそうですね。
ユーサクくんはキライじゃないけど好きでもないです。

●星威岳哀牙
リアルでいたら、お近づきになりたくない奴ですよね哀牙は。
そんなのに似てるって言われる自分はどうなんだろう‥‥‥‥。
哀牙と自分が似てる所はそれほど無いと思うんですけど‥‥。
イミがわからない所と、あわれなピエロであること。
あとは、悪あがきをするが効果はウスイ所でしょうか。(結構ある)
哀牙探偵は超大好きなキャラです!!!
3初プレイ時に高菱屋地下倉庫で初めて会った時、ニヤニヤが止まりませんでしたもん。
「うわ~、何コイツ!濃い、濃すぎるよ!!!」って。
ホントに好きで、一時期アイサツを“やあれ!”にしてましたからね。(痛い)
“あいやっ!”というのは、今でもたまに使います。


そういえば全員『盗まれた逆転』に出てくるキャラですね。フシギな事に。
ちなみに『盗まれた逆転』はかなり好きな話です。
哀牙とゴドーというキョーレツなのがいきなりそろいますし、窃盗事件が
殺人事件に変わるというのが、結構インパクトありましたし。
あと2日目法廷前編の流れがかなり好きです。あの異議あり合戦と哀牙の裁判を止める所が。
サイバンカンには爆笑しましたよ。4話で再登場したときもかなり笑いました。


そして、この3人と自分には決定的に違う点があります。
それは‥‥‥‥
女性にモテない所です(泣)

だってヤハリは確かに何度もフラれていますが、
その前にたくさんの女性とお付き合いすることが出来てますし!!!

ユーサクくんはマレカちゃんみたいな燃費は悪いですが、
美人でナイスバディーな奥さんがいますし!!!(モテるとはちょっと違うか?)

哀牙はバレンタインにチョコをもらった数第1位(3の岩元さんコラム参照)で
こんな同盟まであるくらいなんですよ!?
なんだよ同盟参加人数112人って!!?


ああ、ジブンも女の子とラビュりてえなぁ‥‥‥‥。



ちなみに先日逆転裁判占いというのを発見して、
やってみたトコロ、矢張政志でした。言ってる事が結構合ってたり。

というわけで、プロフィール画像にヤハリのTシャツを貼ってみました。
ヤハリのようにイイカゲンでテキトーな矛盾少年をこれからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

逆転裁判についてのボヤキ

某所にうpされてた「追求 ~追いつめないと」を
早速MP3プレイヤーに入れて聞きまくっている今日この頃。

うん。悪くないんだ。むしろかなりイイ曲だと思うんですよ!
ただやはり思い入れというかなんと言うか。
この曲で証人や検事を追い詰めている記憶が無いんですよね‥‥。
パンツ京作くらい?
よく言われているが、なんか4は爽快感があまり無いような‥‥。
それには、証人の数も関係してると思う。
1・2・3に比べて証人の数がミョーに少ないような‥‥。
(気のせいですかね?)

あとは4はダメージがたまにテンポ悪く感じてしまう。
マサカとかバランのダメージは面白いとは思うけど、
どうもテンポ悪く感じてしまいましたし。
それとダイアンのダメージはあまりにも期待ハズレでした。
絶対髪がサメの形になるとか、
ファスナーが上がって首に歯が刺さるとか考えていたのに!
その分、ブレイクはなかなかイイ感じでしたが。
続編では適度に冷や汗・ダメージを食らう倒しがいのある検事に、
テンポよくダメージを受ける証人がたくさん出てきてほしいです。

音楽に話を戻すと、4の曲は「悪くは無いけど‥‥」という感じでした。
なんかループが短めだったりするのが気になったり。
特に「真実は告げる2007」。
イイ曲だとは思うけど、二十数秒ってどうなのよ?

4の音楽は堀山俊彦さんというベテランが担当、という事だったので
やや期待しすぎていたのかもしれないですね。
ちょっとハナシがズレるかもしれないけど、
作曲というのはやはり才能とセンスなんでしょうか?
1の作曲は杉森雅和さんという新人の方で、
逆転裁判が初めてということでしたが、
神曲をいくつも生み出し、その後の逆転裁判の音楽のスタイルを
決定づけるほどだったらしいし。
4の曲はどれもなんかパンチに欠けるような気がしました。
もちろんイイ曲もありましたが。(或真敷のテーマとか)
音楽には“コレが正解”というものがなく、あくまで聴く人しだいなので
とやかく言えるスジアイは無いんでしょうけど。

ああ、やっぱり4のサントラが欲しい。
改めて何度も聴くとまた評価が変わるかもしれないですし。
でも、3150円は自分のサイフにかなりの大打撃になるんですよね‥‥。
6月は漫画版の2巻やら4の攻略本で、
ただでさえ出費が結構多くなるのに。

なんか無駄に長くなったので最後にひとつだけ。
「追求」を聴いていると脳内で「異議あり!」合戦が展開されたり、
証人がダメージを喰らう様子が目に浮かんだり
ムショーに「異議あり!」と叫びたくなるのは自分だけなんだろうか?
 

また復活?

ぼくは思うんですけどね。

人は、そうカンタンには
死なないものです。

生きることに価値があるかぎりは。

            by成歩堂龍一



え?「テメーに生きる価値なんて無えよ!」だって?
ごもっともです。

またおめおめと戻ってまいりました。矛盾少年です。
前を記事を書いてほぼ一ヶ月。色々あった‥‥‥‥というより、
ネギまSNSの方に浮気しすぎてましたね。
やくろさんに「キミには期待してるよ」といわれたのにもかかわらずこの体たらく。
まあ、これが矛盾少年だと思ってもらえれば。

というわけで、それなりに落ち着いてきたので
またボツボツ更新していきたいと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。